2016年12月の記事一覧

オールインワン化粧品選びのポイント



オールインワン化粧品にも沢山の種類があります。最近では肌の悩みに特化した成分を配合したオールインワン化粧品も販売されています。ベーシックな保湿タイプをはじめ、シワやたるみを改善するタイプ、美白タイプ、ニキビタイプなどがあります。オールインワン化粧品で最も有名なドクターシーラボには悩み別にオールインワンを販売しています。

化粧水、美容液、乳液、クリームなどをラインで使用するよりは効果は落ちてしまいますが、コストパフォマンスや化粧の手間が少ない事などから、子育て中の主婦や仕事をしている女性などに特に人気があります。

オールインワン化粧品には経済的にお得だったり、短い時間でスキンケアを済ませる事が出来るメリットがありますが、デメリットもあります。悩みに特化した美容成分がどうしても少なくなってしまいます。ニキビの場合だとビタミンC誘導体、シミにはハイドロキノンなどが有名ですが、これらの成分を多く配合した美容液やクリームに比べると効果は落ちてしまいます。

美白をしたい場合はオールインワン化粧品をつけてから、ハイドロキノンなどのクリームを塗ると効果が出やすくなります。予防ケアでは、オールインワン化粧品の前にビタミンC誘導体配合の化粧水が有効です。

その他、オールインワンではどうしても保湿が足りないという声も多くありますが、最近ではセラミドなどを配合したジェルタイプも増えており、保湿力はかなり上がっています。そして、オールインワン化粧品に多かった悩みが化粧崩れです。ファンデーションを塗るとポロポロとカスが落ちてしまうという声もあります。オールインワン化粧品をつけて、10分以上置くことでモロモロが出にくくなります。

20代だとノーマルタイプ、30代以上になると美白タイプや毛穴タイプ、40代以上になるとシワ、たるみを改善するタイプなどが人気です。

2016年12月20日|